TadaoYamaokaの日記

山岡忠夫 Home で公開しているプログラムの開発ネタを中心に書いていきます。

Windowsデスクトップアプリの描画処理

Windowsデスクトップアプリで描画処理をするときに、
ちらつき防止と、再描画の負荷軽減のためにオフスクリーンバッファを
アプリ側で管理して、WM_PAINTではオフスクリーンバッファから転送する方法をとっていたが、
Windows Vista以降では、Desktop Window Manager(DWM)というものができていて、
OS側でオフスクリーンバッファを管理するようになっていた。

Vistaと7ではAeroが有効なときのみ機能するが、8以降は常に機能するようだ。

Desktop Window Manager - Wikipedia

デスクトップ ウィンドウ マネージャー (Windows)



これからは、ウィンドウサイズが変わるたびにオフスクリーンバッファを作り直したりしないで、
WM_PAINTで直接描画することにしよう。