TadaoYamaokaの日記

山岡忠夫 Home で公開しているプログラムの開発ネタを中心に書いていきます。

将棋AIの進捗 その8(ponder対応)

電王トーナメントの出場ソフトが公開されました。
私のソフトは「dlshogi」です。
denou.jp

ディープラーニングを使ったソフトがいくつか出場するようです。
対局できるのが楽しみです。


電王トーナメントに向けて、時間制御まわりを改善しています。
ひとまずponderに対応させました。

USIのponderの仕様は、ponderhitの際、続けて思考するための残り時間情報が渡されないので、通常のgoの処理と分けないといけないのが面倒ですね。
バグがないか確認のためにfloodgateに放流しています。

USIの仕様では、予測手1手のみを先読みする想定のようですが、それだけでも効果があるそうです。
文献によると、相手の局面と同じ局面を思考してハッシュを埋める場合と大差ないそうです。
違いがどれくらいあるかは実験してみたいところです。

後は、モンテカルロ囲碁で行われている時間延長を実装する予定です。