TadaoYamaokaの日記

山岡忠夫 Home で公開しているプログラムの開発ネタを中心に書いていきます。

コマンドプロンプトのカラースキーム変更

18日から提供開始されたWindows 10 Fall Creators Updateを適用しました。

今バージョンからコマンドプロンプトのカラースキーム変更になるということです。
今までコマンドプロンプトの青の文字が非常に読みづらく、Bash on Windowsを使うようになってから特にストレスを感じるようになりました。
なのでカラースキームの変更はうれしいですね。

適用後さっそくコマンドプロンプトで確認してみたところ、あれ?変わってない?
どうやらクリーンインストールしないと変わらないようですorz

後から変えたい場合は、ツールが提供されていました。
Creators Update適用しなくても変更できたのか。

Introducing the Windows Console Colortool – Windows Command Line Tools For Developers
こちらからツールをダウンロードできます。

コマンドプロンプトのカラースキームの変更

colortool.exe -c

で現在の色が確認できます。

colortool.exe -d <スキーマ名>

で変更できます。
反映するにはコマンドプロンプトの再起動が必要です。

各カラースキームの色

変更前

f:id:TadaoYamaoka:20171021113621p:plain

campbell

f:id:TadaoYamaoka:20171021113743p:plain

campbell-legacy

f:id:TadaoYamaoka:20171021113928p:plain

OneHalfDark

f:id:TadaoYamaoka:20171021114021p:plain

OneHalfLight

f:id:TadaoYamaoka:20171021114102p:plain

solarized_dark

f:id:TadaoYamaoka:20171021114143p:plain

solarized_light

f:id:TadaoYamaoka:20171021114227p:plain

deuteranopia

f:id:TadaoYamaoka:20171021114438p:plain

Bash on Windowsのカラースキームの変更

これで、Bash on Windowsのlsの結果などが見やすくなると思ってBash on Windowsを起動したら、Bash on Windowsには反映されていませんでしたorz
Bash on Windowsのカラースキームを変更するには、コンソールのプロパティ→画面の色から手作業で設定する必要があります。
コマンドプロンプトのカラースキームを変更してから、コマンドプロンプトのプロパティ→画面の色と同じRGBの値に設定すればよいです。
f:id:TadaoYamaoka:20171021121033p:plain
色のパレットを選択して、赤、緑、青の数値をコマンドプロンプトと同じに設定すればよいです。
パレットの色を変更後、元のパレットの位置を選択しなおしてからOKを押しましょう(ラジオボタンで画面の背景を選んでいる場合は一番左)。

これで、青の文字が見やすくなりました。

変更前

f:id:TadaoYamaoka:20171021121204p:plain

変更後

f:id:TadaoYamaoka:20171021121323p:plain