読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TadaoYamaokaの日記

山岡忠夫 Home で公開しているプログラムの開発ネタを中心に書いていきます。

PyOpenGLを使ってみる その2(テクスチャ)

PyOpenGL OpenGL

PyOpenGLでテクスチャを表示する。

import sys
from OpenGL.GL import *
from OpenGL.GLU import *
from OpenGL.GLUT import *
from PIL import Image

def load_texture():
    img = Image.open("sample1.png")
    w, h = img.size
    glTexImage2D(GL_TEXTURE_2D, 0, GL_RGBA, w, h, 0, GL_RGBA, GL_UNSIGNED_BYTE, img.tobytes())

def display():
    glClear(GL_COLOR_BUFFER_BIT)

    glBlendFunc(GL_SRC_ALPHA, GL_ONE_MINUS_SRC_ALPHA)
    glEnable(GL_BLEND)

    glEnable(GL_TEXTURE_2D)

    glBegin(GL_QUADS)
    glTexCoord2d(0.0, 1.0)
    glVertex3d(-1.0, -1.0,  0.0)
    glTexCoord2d(1.0, 1.0)
    glVertex3d( 1.0, -1.0,  0.0)
    glTexCoord2d(1.0, 0.0)
    glVertex3d( 1.0,  1.0,  0.0)
    glTexCoord2d(0.0, 0.0)
    glVertex3d(-1.0,  1.0,  0.0)
    glEnd()

    glDisable(GL_TEXTURE_2D)

    glDisable(GL_BLEND)

    glFlush()

def main():
    glutInit(sys.argv)
    glutInitDisplayMode(GLUT_RGBA)
    glutInitWindowSize(300, 300)
    glutCreateWindow(b"TextureSample1")
    glutDisplayFunc(display)
    glClearColor(0.0, 0.0, 1.0, 1.0)

    load_texture()
    glTexParameteri(GL_TEXTURE_2D, GL_TEXTURE_MIN_FILTER, GL_LINEAR)
    glTexParameteri(GL_TEXTURE_2D, GL_TEXTURE_MAG_FILTER, GL_LINEAR)

    glutMainLoop()

if __name__ == '__main__':
    main()

テクスチャに使う画像は、PILを使用してロードし、tobytes()でバイト列にして、glTexImage2Dに渡す。
画像のフォーマットは、PILで対応していればなんでもよいが、透明を含む画像の場合は、PNGを使う。

上記のコード例では、透明を含む画像を読み込んで、四角のポリゴンに張り付けている。

透明画像を表示する場合は、glutInitDisplayModeにGL_RGBAを指定し、glTexImage2Dでテクスチャを作成する際にもGL_RGBAを指定する。
また、レンダリング時に、

    glBlendFunc(GL_SRC_ALPHA, GL_ONE_MINUS_SRC_ALPHA)
    glEnable(GL_BLEND)

でアルファブレンドを有効にする。

テクスチャの座標系( (s, t)座標 )は、画像の左下が原点で座標の範囲が(0, 0) - (1, 1)となる。
画像の上下が反転することに注意する。

実行結果

f:id:TadaoYamaoka:20170304134534p:plain