読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TadaoYamaokaの日記

山岡忠夫 Home で公開しているプログラムの開発ネタを中心に書いていきます。

SSDによる物体検出を試してみた

先日の日記でYOLOv2による物体検出を試してみたが、YOLOと同じくディープラーニングで物体の領域検出を行うアルゴリズムとしてSSD(Single Shot MultiBox Detector)がある。YOLOv2の方が精度が高いとYOLOv2の論文に書かれているが、SSDの精度も高いようなので…

WindowsにCaffeをインストールする

以前にWindowsでCaffeをビルドしてGPUで実行する方法について書きましたが、内容が古くなったので書き直します。以前に日記を書いた時点では、ビルド済みバイナリが配布されていなかったため、自分でビルドを行いましたが、ビルド済みバイナリが配布されるよ…

YOLOv2による物体検出を試してみた

前回の日記でWindowsにインストールしたDarknetを使ってYOLOv2による物体検出を試してみました。Darknetの学習済みモデルを使用して、ニコニコ動画の上位にあった動画に対して行ってみました。こちらの動画です。www.nicovideo.jp キャラクターがだいたいper…

DarknetをWindowsにインストールする

以前に行ったマンガの顔パーツ検出では、顔の領域の検出にdlibのHOG+SVMを使った方法で矩形領域を抽出してから、DCNNで顔パーツ検出を行っていた。 HOG+SVMである程度マンガから顔の領域を抽出できるが、少なからず検出漏れがあった。 また、スライディング…

WindowsのPythonでOpenGLを使う

写真の線画化を、iBUG 300-Wの300枚の画像に試してみたけど、あまりきれいな線画が生成できなかった。 学習データの生成には他のアプローチを試したい。 Live2Dのような方法で、線画のキャラクタの向きや表情のバリエーションを増やせないかと考えている。 L…

TensorFlowをWindowsにインストール

以前の日記で公式バイナリをインストールする方法を書いていましたが、バージョン1.0がリリースされたことで内容が古くなったので、書き直します。公式のページを見ればわかる内容なので、あまり価値のある内容ではないですが。 前提ソフトウェアとして、以…

TensorFlowの公式Windowsバイナリをインストールして動かす

2017/2/18追記 1.0正式版がリリースされましたので、この記事の内容は古くなっています。正式版のインストールについてこちらの日記に書きました。先日TensorFlowがWindowsでビルドできるようになったという記事を書いたが、公式からバイナリのインストーラ…

WindowsでChainerをGPUを使って動かす(更新)

GPUをGeForce GTX 1080に交換したので、CUDAを8.0にバージョンアップした。CUDA7.5でインストールしたChainerが動かなくなったため、CUDA 8.0に対応させるため、再インストールを行った。基本的に、CUDA7.5のときの手順と同じだが、環境変数INCLUDEの設定が…