TadaoYamaokaの日記

山岡忠夫Homeで公開しているプログラムの開発ネタを中心に書いていきます。

Chainer

Chainer4系がAnaconda3 4.2.0で動かない件

4/17にChainer 4.0.0がリリースされましたが、Anaconda3 4.2.0では以下のエラーがでて動かなくなっていました。 >>> import chainer Traceback (most recent call last): File "<stdin>", line 1, in <module> File "C:\Anaconda3\lib\site-packages\chainer\__init__.py", </module></stdin>…

将棋AIの進捗 その16(マルチGPU)

将棋AIをChainerを使用した実装からcuDNNを使用した実装に変更できたので、マルチGPUでの性能を測定した。 Chainerを使用した場合 Python経由でChainerを使用しているPythonのGIL機構によってマルチスレッドの性能に制限がある。 Chainerを使用した場合の、…

将棋AIの進捗 その15(cuDNNを使用)

モデルの学習にディープラーニングフレームワークのChainerを使用していますが、対局時にChainerで推論を行うと、Python経由で呼び出すためマルチGPUで動かす際、Python経由だとGILによってマルチスレッドの性能が出なくなる。 また、実行環境にPythonが必要…

Chainerで学習したモデルを使ってcuDNNで推論する(マルチGPU)

前回実装した、Chainerで学習したモデルを使用してcuDNNで推論するコードを、マルチGPUで並列に動作するようにした。cuDNNをマルチスレッドで、スレッドに別々のGPUを割り当てて使用する場合、それぞれのスレッドでcudaSetDevice()を呼び出し、GPU IDを指定…

Chainerで学習したモデルを使ってcuDNNで推論する(ResNet)

前回実装した、Chainerで学習したモデルを使用してcuDNNで推論するコードを、Residual Network(ResNet)構成にした。推論時には、テンソルの加算を行うだけで特に難しいことはない。 ネットワーク定義(Chainer) ResNetは1ブロックのみで、ブロック内の畳み込…

Chainerで学習したモデルを使ってcuDNNで推論する(dropout)

前回実装した、Chainerで学習したモデルを使用してcuDNNで推論するコードに、dropoutを追加した。dropoutは学習時のみ処理を行うため、推論時には何もしなくてよい。 つまり、推論のネットワーク定義にはdropoutは必要ない。 学習用ネットワーク定義 学習用…

Chainerで学習したモデルを使ってcuDNNで推論する(BatchNormalization)

前回実装した、Chainerで学習したモデルを使用してcuDNNで推論するコードに、BatchNormalizationを追加した。BatchNormalizationも、cuDNNにAPIが用意されているため、簡単に使用できる。 ネットワーク定義(Chainer) まず、Chainerで学習するモデルにBatchNo…

Chainerで学習したモデルを使ってcuDNNで推論する(時間計測)

昨日の日記の続きです。C++のコードでcuDNNを直接使用して推論を行った場合と、Chainerを使用して推論を行った場合の実行時間の比較を行った。 測定条件 MNISTのtest set images(1000画像)のすべてを推論するのに要する時間を測定 ミニバッチサイズは、100 …

Chainerで学習したモデルを使ってcuDNNで推論する

ディープラーニングを使ったモデルを学習する際、ディープラーニングフレームワークを使うと使わないとでは生産性に大きな差がある。 多少のオーバーヘッドは許容して、ディープラーニングフレームワークを使う方がトータルでメリットがあると思う。しかし、…

将棋AIの進捗 その12(自己対局のマルチGPU対応)

自己対局のプログラムをマルチGPUに対応させました。処理方式は、対局プログラムのマルチGPU対応とほとんど同じです。マルチGPU対応により局面生成の速度がどれくらいあがるか測定しました。 測定条件 シングルGPUは、TitanV 1枚。200スレッドで対局。 マル…

ChainerでマルチGPUを試す

GPUが2枚になったので、ChainerでマルチGPUによる学習を試してみた。MNISTサンプルを使って、実行時間を測定した。 測定条件 CUDA v9.0 cuDNN 7.0.5 ChainerのGitHubレポジトリのexamples/mnistを使用 単体の実行時間はtrain_mnist.pyの実行時間 マルチGPUの…

WindowsにChainer v3+CUDA9+cuDNN7をインストールする

Chainer v3(cupy v2)がCUDA9に対応したので、バージョンアップしました。 Chainer v3はcuDNNも最新のバージョン7に対応しているので、cuDNNも7にしました。インストール手順は、以前のバージョンと同様です。chainerをバージョンアップする際は、chainerとcu…

Chainerで計算グラフの可視化

Chainerの計算グラフの可視化機能を使ったことなかったので使ってみた。将棋AIのPolicy networkとValue networkを結合したWide ResNetを可視化してみた。 dotファイル出力 Visualization of Computational Graph — Chainer 3.0.0 documentation このページの…

WindowsでChainerをGPUを使って動かす(v2.0対応)

Windowsで安定して使用できるv1.24を使用していましたが、Chainer v2.0でパフォーマンスが向上するということなので、アップデートしました。v1.24用のコードに一部修正が発生しましたが、軽微な修正で対応できました。 環境準備 以前の日記を参照してくださ…

将棋でディープラーニングする その19(報酬に応じた勾配 その2)

※この記事の内容は誤りがありますので、こちらの日記を参照してください。前回の日記でChainerでミニバッチの要素を1件ずつ処理することで報酬に応じた勾配の計算を実装したが、softmax_cross_entropyのbackwardの処理で、誤差逆の後続に伝えるデルタの値に…

将棋でディープラーニングする その18(報酬に応じた勾配)

前回の日記で、RL policy networkの勾配を求める際に、対数尤度の偏微分に報酬に応じた重み(勝敗の報酬から状態価値を引いた値)を掛ける計算の実装が、Chainerでは難しいということを書いた。Chainerでは損失関数のbackwardを行うと、ミニバッチで1つの勾…

将棋でディープラーニングする その4(ネットワーク構成の変更)

本日から世界コンピュータ将棋選手権が始まりましたね。 一次予選を参加者の方の生放送で見ていました。今回からPonanza Chainer以外にもディープラーニングを取り入れて参加している方がちらほらいるようです。 こちらの方のアピール文章に、ネットワーク構…

将棋でディープラーニングする その3(棋譜から学習)

プロの棋譜を使って前回の日記で作成したニューラルネットワークの学習を行った。棋譜サイトにあった竜王戦の棋譜を使用した。訓練データとテストデータの数は以下の通り。 訓練データ テストデータ 局数 3744 417 局面数 422852 47242 学習には非常に時間が…

将棋でディープラーニングする その2(ニューラルネットワークの構成)

先日の日記に続き、将棋でのディープラーニングの実装を試す。今回は、ニューラルネットワークの構成を検討する。 ネットワーク構成 ネットワーク構成は、AlphaGoのネットワーク構成を参考にし、13層の畳み込みニューラルネットワーク(DCNN)とする。 位置に…

リアルタイムにマンガの顔パーツ検出を行ってみた

以前に書いた以下の日記の内容を組み合わせて、リアルタイムにマンガの顔パーツ検出を行ってみました。 dlibでマンガの顔認識をやってみた DCNNによるマンガキャラクターの顔パーツ検出 Surfaceのカメラでリアルタイムに顔器官検出を行う リアルタイムにマン…

DCNNによるマンガキャラクターの顔パーツ検出(追試)

前回の日記では正則化など行わずにRMSpropを使用して学習を行ったが、初期値の変更や正則化やBatch Normalizationなどを行った場合にどうなるか試してみた。 初期値の変更 ChainerのConvolution2Dのパラメータの初期値は、デフォルトではHeの初期値で初期化…

DCNNによるマンガキャラクターの顔パーツ検出

以前の日記でdlibを使用してマンガのキャラクターの顔パーツ検出を行った。しかし、dlibの方法は、マンガキャラクターには有効ではなく、顔パーツを検出できなかった。そこで、DCNNを使用して顔パーツ検出(顔器官検出)ができるか試してみた。 dlibで実装され…

WindowsでChainerをGPUを使って動かす(更新)

GPUをGeForce GTX 1080に交換したので、CUDAを8.0にバージョンアップした。CUDA7.5でインストールしたChainerが動かなくなったため、CUDA 8.0に対応させるため、再インストールを行った。基本的に、CUDA7.5のときの手順と同じだが、環境変数INCLUDEの設定が…

cuDNNでAlphaGoのSL policy networkの順伝播を実装する

Chainerを使って学習したAlphaGoのSL policy networkのモデルを使用して、C++のプログラムからcuDNNを使用して順伝播を実装してみた。SL policy networkを囲碁のプログラムに組み込んで使おうとすると、PythonとChainerが必要になるのでは実行環境の敷居が高…

CaffeでSL policy networkを学習

前回の日記で定義した、AlphaGoのSL policy networkをCaffeで学習してみた。以前にChainerを使って学習した結果と速度、精度を比較するため、条件を合わせている。 インターネットから入手したプロの棋譜を使用 特徴はAlphaGoの論文のExtended Data Table 2…

ChainerのモデルをC++で読み込む

以前の日記でAlphaGoのSL policy networkをChainerで学習した結果をC++の囲碁プログラムで使用したいと考えている。 その際、C++からPythonを実行するのでは、オーバーヘッドが大きく、実行環境のハードルが上がりポータビリティが下がってしまう。 そこで、…

WindowsでcuDNNを使用して畳み込みを行う

前回の日記で書いた方法でChainerのコードを調べつつ、WindowsでcuDNNを使用して畳み込みを行うことができたので、方法を示しておく。 使用バージョン Windows 10 CUDA7.5 cuDNN v5 Visual Studio 2015 cuDNN v5を使用するには、CUDA7.5が必要になる。 CUDA7…

Chainerをデバッグする

WindowsでVisual C++で作成したC++のプログラムからDCNNを実行したいが、C++に対応したライブラリを動かすのに苦労している。 Caffeを試しているがビルドはできて、CPUでは実行できたが、GPUで実行すると謎の check failed: error == cudasuccess (8 vs. 0) …

SL policy networkの学習

前回の日記でChainerで作成したAlphaGoのSL policy networkをプロの棋譜を使って学習させてみた。棋譜は、以前と同様、インターネットの棋譜サイトから入手したプロの棋譜を使用した。まずは、学習がうまくいくか様子をみるため、特徴はAlphaGoの論文のExten…

Chainerで位置ごとに異なるバイアスを定義する

前回の日記で、AlphaGoのSL policy networkをChainerで定義した際に、layer13の位置ごとに異なるバイアスを、(19*19)次元のベクトルとして、Convolution2Dを1次元にreshapeした後、足し合わせていたが、ミニバッチにした場合うまくいかないことが分かった。V…